らぶそんぐ

今日も元気にあいどるおたく!

Album『LOVE』感想

エイトの1週間後には嵐のアルバムが発売。

アラサー組の年間スケジュールかぶってて辛い。

振り込めも遠征もアルバムもその上DVD発売時期もかぶせてくるんだもん。

エイトさんがオリコンアルバムチャート初週32.3万枚を売り上げてビックリしてたら

嵐さん初週67万枚。

いやはや、恐ろしい。

今作のキャッチコピーは、「嵐史上、もっともキケンなアルバム。」

一通り聞いてみたものの、どのあたりが危険なのかイマイチわからず。

シングルがダンス曲ばっかりでメンバーの体力が危険という事かな…?←

1. 愛を歌おう

なんだかいきなりスケールがでかい。

オーケストラの音色に乗せてサビに向かって盛り上がっていくのが壮大で背筋がぞわぞわする。

ミュージカルみたいな、ディズニーの映画やショーみたいな。

誰かへの愛、とかじゃなくてこの世に生きる動物や自然、すべてのモノへの愛というイメージ。

一言で表現するなら生き物地球紀行←

前作の証とかCosmosとかそっち寄りの雰囲気。

今の嵐だから歌う歌なんだろうなぁと思った。

2. サヨナラのあとで

1曲目のインパクトがデカすぎて最初あんまり耳に入ってこなかったというのが本音だけどw

軽やかで切なくて、大人の嵐が歌うLOVE SONGだなぁと思った。

大野さんの声は本当にこういう切ない曲が似合うねぇ。

3. CONFUSION

どんな曲だっけ…思い出せないw

4. Hit the floor

今回のソロの中ではダントツにパフォーマンスが楽しみ。

大野さんのダンスはいつも楽しみなんだけど、今回は特に曲調がダンスにピッタリはまりそうで。

執着とは無縁に見える大野さんがこういう歌詞を歌うっていうのがまたいいよね。

5. P・A・R・A・D・O・X

今作のリード曲。

洋楽テイストの曲調にダンス。

最初は洋楽っぽいのが嵐にハマるかな??と思ったけどMステ見たらもう完全ハマった。

こんなことも出来るんだよ嵐は!っていうのを見せつけられた気がする。

世間的な嵐のイメージを変えてやる!みたいな意気込みを感じる。

ああいうポジションにいるとなかなか難しそうだけど、そういう意気込みはいいなぁと思う。

これをリード曲にしてるあたり攻めだね。

あ、だから危険なのか!?

たしかに1日1パラドックスの沼にはまっている節はあるw

それにしてもMステ見てからもはやJのソロ曲に思えて仕方ない←

コンでも前髪オールバックなのかしら…

6. sugar and salt

佐藤俊夫として発売前から論議を醸していた翔君のソロ。

砂糖!(SHO!SHO!)塩!(SHO!SHO!)

の掛け合いが出来ないのは残念だけど、大人の櫻井翔を見せてもらいましょー!

7. Breathless

今回のシングルの中では一番嵐っぽいなぁと思う。

ジャニーズの正統派ダンス。

好きですもちろん。

だってジャニヲタだもん。

8. 20825日目の曲

にのちゃんは本当にこういうことサラッとやるよねぇ。

で、これを涼しい顔で歌うんでしょう?

聴いてるこっちが赤面するわw

何万人が聴く曲で、親への感謝と愛を伝えるとかどんだけキザなんだ!!!

本当に尊敬しますよそういうところ。

お母さん嬉しくてこっそり泣いてると思うよ。

9. Rock Tonight

通称:めきめきソング(私の中では)

ぴょこぴょこ笑顔で走って跳ねてるメンバーが想像できるw

10. Endless Game

通称:わにわにソング(おそらく誰しもが)

最後の『ジョジョ立ち』と呼び声高い決めポーズが楽しみでなりません。

よって最後まで歌って踊ってください。

11. Calling

あふれあふれあふれだす相葉さんが楽しみです。

これ、今回のシングルの中で一番好き。

ちょっと昔のハードボイルド系のアニメ主題歌みたいじゃない?

Brethlessと両A面だったせいか印象が弱い気がするけど。

やっぱりMステのパフォーマンスがなぁ。嵐増殖w

コンではどんな演出になるかな?

トロッコ曲だったらどうしましょう!あり得るーw

12. 夜空への手紙

相葉さんには珍しいミディアムバラード!

やっぱり好きな人の声とか曲って無条件に好きになっちゃうんでしょうか?

すごーく好きです。一番好きです。

嵐の曲ではあまりない低音のバラード曲が優しい相葉さんの声にピッタリ。

今回のアルバム、バラード曲少ないからこの曲がかかると落ち着く。

日本語のタイトルというところもポイントが高い←

13. Dance in the dark

あんまり聞いていないからなんとも…

こういう曲、ほんと好きだよね。

なんかもっと全然別のジャンルにチャレンジしてくれてもいいんだけどな。

今回他のソロがなかなか良かっただけに。

14. Starlight kiss

これぞアイドル曲!と私は勝手に思っているw

ダンスしやすいアップテンポに爽やかなメロディー。

王道大好き!

15. FUNKY

ラジオで聴いてから発売まで、実はパラドックスよりリピ率が高かった曲。

Popcornに入ってても違和感のない曲だよねぇ。

ダンス曲かなーなんて思ってたらなんと振付があると知って驚愕。

しかも結構ハード。

イントロから間奏、ラストまでフルで振りがついているというドS具合。

いや…あの…覚えられないんすけどw

そりゃあなたたちよりちょっぴり若いとはいえ、そういうお仕事してませんから!!w

振りがあると知ってからこの曲を聴く度「あ、振り覚えてない…」と落ちこむのであまり聴かなくなったというw

それにしてもサビのキーが高すぎてアラサー男の歌とは思えない。

16. Tears

冬のツアーにふさわしい1曲。

切ないメロディーに大野さんの声はよく似合いますな(2回目

基本的に嵐の冬の歌は好きだからこのアルバムの中でも好きな曲なんだけど

如何せん相葉さんの声があまり聴こえません←

でもいいのいいの。相葉さんは目で楽しむアイドルだから。

去年がはじけりゃYeah!!!なアルバムだったから今年はシックに大人っぽく、という明確なコンセプトの中で出来上がったアルバムだなぁという感想。

リード曲はもちろんだけど、今回はソロ曲が粒揃いっていうイメージが強い。

全員が30代になった今年、去年の明るく楽しくな演出から一転、どんなステージを魅せてくれるのかな。

ハートのキラキラは絶対降ってくると思うんだよね←乏しい思考回路

そういえば今年こそONLY LOVE歌うかな!?

ツアータイトルがLOVEだからねぇwいつ歌うの!?今でしょ!

…最近自分のオヤジ化に歯止めがかかりません。

少し大人びて感じた雰囲気の曲も、今の嵐が歌ったらしっくりくると思うからぜひ歌ってください☆

全然関係ないんだけど、嵐はどうしてこんなに英語のタイトルが多いのかしら…

私日本語が好きなんだけど…

書くときにスペルがわからなくて困るんだよねぇ。

広告を非表示にする