らぶそんぐ

今日も元気にあいどるおたく!

『佐藤勝利 summer live 2017 VIC's sTORY』受け継ぎ、守る人

勝利君のソロコンに行ってきました。

EXで開催されたものも入れると今年で4回目。勝利くんのソロを見ると、今ユニットで活躍しているJr.たちがバックについてた頃を思い出して、懐かしさと切なさで胸がきゅっとなります。
 
 

七色の夢を見た

EX THEATER ROPPONGIで行われている『~君たちが~KING'S TREASURE』Love-tune公演に行ってきました。

 

Love-tuneのライブは去年のサマステ、今年のクリエに続いて今回で3回目。バンドノリがエイトで育った私には居心地がいいのと、顕嵐くんの顔面見てるだけで沸ける!というのが、毎回見に行きたくなる理由です(笑)

 

 

 

1回のみの参戦だしスタンディングで見えないもの多かったし、記事にする予定なかったんだけど、求められるとコールもブログも頑張るタイプなので、書きます!(笑)

 

 

続きを読む
広告を非表示にする

『風 is I?』 過去を請負う人

健人くんに続き、風磨くんのソロコンに行ってきました。

風磨くんのソロは3年目にして初参戦。人の心を掴むのが上手な彼が、一体どんな世界を作りだしているのか、そして一昨年の『風is a doll ?』昨年の『風are you?』から『風is I ?』と、自分は何者なのか、常に自分自身に問いかけてきたタイトルの答えはでたのか、という点も含めて楽しみにしていました。

 

続きを読む

『Mission:K』笑われることを恐れないエンターテイナー

先週末から始まった夏の恒例イベントSummer Paradaise。そのトップを飾った中島健人くんの『Mission:K』を見に行ってきました。

 

一昨年の『Love Ken TV』が本当に楽しかったので、今回も楽しみにしていました。健人くんは絶対に楽しませてくれる!という信頼感があるのがすごいなと思います。

 

 

続きを読む

魔法は誰の中にもある

阿部顕嵐くんが出演するミュージカル『魔女の宅急便』を観てきました。

 

この作品は過去にも3度舞台化されており、トンボ役として元光GENJIの赤坂さん、元SMAPの森さん、V6の坂本さんと長野さんが出演されています。当時の演出は故・蜷川幸雄氏。

 今回、岸本功喜さんによる演出・脚本で新たなミュージカル作品として生まれ変わることになり、トンボ役に大抜擢されたのが阿部顕嵐君でした。

 

私の顕嵐君の印象は「自己主張しないイケメン」

 

ダンスも踊れるし、端正な顔立ちでドラマの主演までしているのに、ユニット内では一番端っこにいたりする不思議な存在。MCでも「顕嵐は?」と振られなければしゃべらないくらい、自ら目立ちにいくタイプではない。最近は安井君のプロジェクト(?)により真ん中で歌ったり踊ったりすることも増えたけれど、それでもまだセンターというイメージはありませんでした。

 

そんな顕嵐くんがジャニーズからたった1人で、人生初のミュージカルに挑戦すると聞いた時は本当に驚きました。

 

彼の出演した舞台はプレゾン、ドリボ、ジャニアイくらいしか見たことがないけれど、個人的には舞台が得意なタイプだと思ったことはなくて。ほとんどセリフもなかったし、目が泳いでるな、目線が低いなと感じることの方が多かった。サマステやJr.祭りでは生き生きしていたから、どちらかというとライブ向きかなという印象でした。

 

クリエで、「ミュージカルは今までやってきたことと全然違う。毎日しごかれてる」と言っていたので、短期間の稽古でどこまで持っていけるのか、正直心配な気持ちの方が大きかったです。

 

 

 

新国立劇場はとてもきれいで見やすい劇場でした。中劇場の収容人数は1000人ほど。帝国劇場の半分くらいですが、そのほとんどが顕嵐君目当てのお客さんだったように思います。東京は4日間6公演とはいえ、6000人以上を集められるジャニーズのネームバリューと顕嵐君の人気に驚きました。今のJr.にはデビュー組相当の集客力があると実感させられました。

 

 

↓以下はストーリーのネタバレになります

 

続きを読む

週女のジャニーズJr.記事について

発売されたときにTLに流れてきて、あぁまた週女ね(笑)と思っていたら、昨日Yahoo!ニュースが取り上げたことでJr.担界に動揺が走っていたので、週刊誌についてちょっと知っておいたほうが良いかな~と思うこと、私が今回の件で感じたことを書いてみたいと思います。

 

 

1.週刊女性という雑誌について

ジャニオタをある程度やっている人は知っていると思いますが、週女は数ある週刊誌の中でもアンチジャニーズとして有名です。「嫌いなタレントランキング」でいつもキムタクの名前をトップに掲載しているあの雑誌、といえばわかるかと。

 

なぜ週女がアンチジャニーズなのかというと、十数年前にトラブルがあったからだと言われています。

 

週刊女性は『主婦と生活社』という出版社から発売されています。この『主婦と生活社』はアイドルファンであれば知っているだろう、雑誌『JUNON』と同じ出版社です。

 

ご存知の通り『JUNON』にはジャニーズは載っていません。それはなぜか。

 

実は2000年ごろまでは『JUNON』にジャニーズが掲載されていました。それが突然掲載されくなった理由として囁かれていたのは、

 

  1. 週刊女性がジャニーズのゴシップ記事を掲載
  2. ジャニーズとライバル関係になり得るJUNONボーイズがアイドルとしてデビュー
  3. ジャニーズの記事の前にライバルタレントの記事を掲載した

 

正確には覚えていませんが、たしかこんな感じだったと思います。

 

これに怒った事務所はJUNONにはうちのタレントは載せない!!となり、焦った主婦と生活社のトップが謝罪に行ったが事務所側は低い立場の人間をその対応に当ててきた。その対応に主婦と生活社が逆ギレしてアンチジャニーズの立場となったわけです。

 

今は知りませんが、一時期はジャニーズのタレントが出演する取材から出禁を食らうほど事務所から嫌われいたようで、事務所と主婦と生活社の間には大きな確執があるといえます。

 

 

2.週刊誌の「飛ばし記事」について

 

 

とばし‐きじ【飛ばし記事】 の意味

裏付け取材に基づかず、記者などの憶測によって書かれた不正確な記事。飛ばし。

 

毎日のように発売される様々な週刊誌ですが、そこに書かれている全てが事実に基づいているわけではないことは誰もが理解していると思います。中には飛ばし記事といわれる、証拠もない、事実関係の裏どりを行っていない誌面の穴埋めのために書かれる記事も多く存在します。

 

今回のJr.の件についても、証言者は「ジャニーズ事務所関係者」「レコード会社関係者」ととても大きなくくりにされており、ゴシップのタレコミでよくあるA子さん、などという特定の人物を指していません。関係者はたとえば事務所に出入りする人間とちょっとした知り合い、程度でもいいわけです。つまり内部の人間の証言ではないのでしょう。

 

また、記事に書かれている「という趣旨の言葉だとみられています」という文章からも、記者の憶測で書かれている「飛ばし記事」であることが見受けられます。

 

 

 

 

以上2点がジャニーズの週刊誌ネタを見る上で知っておいた方がいいと思うことです。

 

 

ここからはただの私の憶測ですが、上記から考えられる今回の記事の目的としては

 

  1. SMAP騒動などで揺れる事務所の更なるイメージ下げ
  2. デビューがないJr.の不安に付け込んだ引き抜き

 

 

1についてはそのままですが、2について補足しておくと、JUNON主催で毎年行われているスーパージュノンボーイコンテストの最終審査は、観客や過去の受賞者などの芸能人ゲスト、芸能プロダクションなどを迎え大々的に行われています。また、受賞者には多くのプロダクションからオファーがあります。

 

つまり、プロダクションとのつながりが強い主婦と生活社が、それなりに知名度と人気がある今のジャニーズJr.の流出を狙っている面もあるのではないかと考えます。つながりのあるプロダクションに移籍させれば、JUNONにも掲載できる上に、色々と見返りもあるのでしょう。

 

また、2015年にはJUNON SUPERBOY ANOTHERS LABELという自社レーベルを立ち上げ、コンテストの落選者を集めてCDデビューさせるという過去のモーニング娘。のようなことも行っているようです。

 

現に私が知っているだけでもそれなりの知名度があるJr.が移籍してCDデビューを果たした事例が何件もあります。しかし、そのどれもが「使い捨て」のごとく一過性の金稼ぎに使われただけで消えていった事実も挙げておきます。Jr.の子たちが、この記事を読んで安易な判断をしないことを願っています。

 

 

私は事務所の何を知っているわけではないし、ファンに対する事務所の対応には憤りすら感じることもあります。しかし、売れないからと言ってタレントを見捨てたり切ったりする事務所ではないことも知っています(SMAPの件については根が深い&該当担ではないので今回言及しません)

 

今や5大ドームでコンサートを行う嵐や関ジャニ∞、最近露出が増えてきたHeySayJUMP!も売れるまでに約10年ちかくの歳月がかかっています。デビュー当時に話題となったKis-My-Ft2でさえ、Jr.として10年近くの下積みがあります。

 

芸能界という流れの速い世界の中でも、特にアイドルは旬が短いというのが世間の常識でした。そのアイドルを、ここまで長期にわたって育ててきた事務所が一体どれだけあるのでしょうか。

 

 

2015年の1月1日、故・蜷川幸雄氏のラジオにジャニーさんが出演した時に話していて、とても心に残っている言葉を引用します。

 

 

森田剛とか、よくジャニーさん何も言わないね、と言われて 

人間はそれぞれみんないいところがあるの。これは不思議なことに。例えば、マッチなんかそうですよね。マッチなんか写真見せたって何この子?って。だけどなんていうのかな、ハートが伝わってくるんですよね。みんなそれぞれ若い人ってのはほんとに気持ちがありますよね。

 

ー真面目な子が少ないという蜷川氏に対して 

少ないって、言っちゃ悪いけどタレントは全部そういう意味では精通してますよ。だけどそれに携わってる人間が果たしてタレントの気持ちをわかってやってるかってことですよね。

 

ー成長しない子も中にはいるでしょう?と聞かれて 

いない。30年も50年もやってるけど、僕は失敗はないと思いますよ。やっぱ人間を扱ってるから。だからそれは間違いないですよ。

どの子だってみんな、人間の美しさとかあるんですよ。

タレントはやっぱり一生っていうのがあるから。だからこのままポーンと捨てる気は全然ないです。彼らができる限りは絶対やってかなきゃいけないという信念はありますよね。

 

ーこれからやりたいことを聞かれて

若い人はこれからどんどん伸びていくけど、やっぱり大事にしなきゃいけないと思う。タレントとして育ってるけど人間としてまず育ってないわけですよ。僕はやりますよ絶対に。死ぬ前にちゃんとやります。

若い子をね、若い子を築き上げなきゃ。金儲け主義でやってるんじゃないってことはハッキリわかると思いますよ。

 

私はこれを聞いたとき、ジャニーさんは経営者というよりも、優れた教育者であるなと思いました。

 

企業の経営としてはずさんな部分も多々あるし、現代において他に遅れを取っている部分も大きい。事務所内部には過去の栄光に胡坐をかいている人間もたしかにいる。

 

けれどそんな時代だからこそ「人間を育てる」というジャニーさんの信念は、今のJr.たちが置かれている状況に通じると感じます。売れるタレントではなく、まず強い人間を育てること。即効性ではなく、タレントの一生を考えること。それはジャニーさんが経営者である以前に、教育者であるからなのでしょう。

 

 

このラジオの話だって、所詮きれいごとかもしれません。言えないようなことも山ほどやってきた事務所だとは思います。

 

けれど私は週刊誌の記事よりも、ジャニーさんの言葉を信じます。なぜなら、ジャニーさんが育てたアイドルたちは、尊敬できる部分をたくさん持っているから。そんな彼らを育て上げたジャニーさんの言葉だから、信じる。

逆に言えば、週刊誌を信じるような根拠も実績も特にありません。

 

議会でも「前例がない」という言葉をよく聞きますが、人間というのはいつもと違うと不安になるものです。その不安につけこもうとする人が現れるのも仕方のない事。

 

様々な思惑が渦巻き、真実も嘘も膨大な情報が溢れる昨今、何を信じてどう対応するのか。

流されずに自分をしっかり持つことが、アイドルのみならずファンにも必要な時代なのかもしれません。

ソロコンいいなーって話 <サマパラ2016>

朝の電車が毎日のように車両故障で遅れるんだけど!おかげで会社に着いた瞬間からぐったり。聞いた話によると春って精神的に不安定になる季節らしい。電車も病んでんのかね????

最近なーんもなくて、インプットがなけりゃアウトプットもできないしこのままだとオタ卒しちゃうから(すればええやん)この間見せてもらったサマパラの感想。

 

 

 

 

 

ディスクそのままぶっ通して見たから、勝利→健人→風麿→聡マリの順だったんだけど、とてもいい順番だった。選曲から演出まですべてが王道ジャニコンの勝利くん。掴みからパーフェクト!個性の強いバックの中でもひときわキラキラな健人くん。おしゃれなクラブテイストなのにどこか少年っぽさと嵐のガチオタ臭を感じる風麿くん。そして初めての自分たち名義のコンサートにやりたいことを詰め込んだフレッシュな聡マリちゃん。

どれも面白かったから甲乙つけ難いんだけど、一番印象的だったのは風麿くん。選曲の幅が狭いようで広い。リリック入れてくるあたり最高だし、恋を知らない君へは、てごちゃんの声のイメージが強いのにちゃんと自分の色を出せててすごいなと思った。そして何より愛ingで振り切ってアイドルしてるの楽しすぎた!!やらなそうなイメージなのに、ファンが見たい要素をしっかり入れてくるあたりさすが頭いい!駆け引き上手!ちょっとやんちゃで強気な振る舞いや言動も、あんな優しい笑顔向けられたら全部許すよねぇ…風麿くんのファンリア恋多そう(個人のイメージです)
途中でほっくんが内容のない手紙を歌ってたんだけど、不意打ち食らって思わず泣いた自分が相変わらずで笑えた。もはや条件反射かな。どんなに時間が経っても、どれだけ他の人のファンになっても、私の青春はずっと6人のNEWSにあるんだろうなぁ。楽しかった分、思い出すと切ない。まぁそれもまた人生(ひばりかよ)

健人くんはオールマイティなイメージがあるから、見る前からハードル上げちゃう。そんな状態でも、オープニング映像はすごい!!っておもった。これから夢の国に行くんだ♪みたいなワクワクドキドキ感で、映像だけでもテンションめっちゃ上がる!けんてぃーってまさかミッキーなの!?ってテンション上がり切ったところで、健人ソロ史上最高傑作と名高いテレポで始まるソロコンとか最高でしょ!!!プロデュース力あるよなぁ。もはやミッキー兼ウォルトディズニー的な?将来自分の番組とかカンパニー持ちそう(笑)ただ相葉丈はあまり似合わないね←何の話

勝利君はやまぴー曲多めだった。というか全体的にみんなやまぴー好きすぎる(笑)ソロコンと言えばやまぴ!みたいなとこ確かにあるけど(笑)それにしても選曲の帝王感!まだ見ぬ~Blood Diamond~DangerZone~NewDayの流れヤバかった!自分の曲の間に、ジャニーズきっての王子2人をはさんじゃうんだよ!?玉子じゃないよ!?でも勝利君なら許されちゃうよね〜だって帝王だもん!!そしてスワンソングを一人で歌う勝利君が、1羽で湖を泳ぐ白鳥に見えたよ…(周りのJr.がカモに見えたなんてまさかそんな)

聡マリちゃんはとにかくフレッシュ!TDCのステージでソロ歌う聡ちゃん見て泣いたなぁ…ずっと見守ってきたファンにはたまらないだろうね(;;)二人とも、これがやりたい!ってわかりやすく伝わってくるソロ曲で、やりたいことをやらせてくれる環境になったんだなぁってうれしかった。ファンから言わせれば、メイン楽曲にソロパートがないとかDVDのパッケージが平等じゃないとかまだいろいろあるみたいだけど、誰を売り出すかって順番だからなぁ…トップバッターのけんてぃーでさえ一般に浸透してないのが現状だから、聡マリのブレイクはまだ先かなと思う。その時に向けて、自分磨きをいっぱいしておいてほしい。絶対にチャンスはくると信じて日々を頑張れる人が、チャンス掴めるんだと思うから。

TDCでソロコンができて、こうして映像化されてずっと残るなんて、本人たちにとってもファンにとっても本当に幸せだよね。自分のファンでいっぱいのウェルカムな空間でコンサートができることも、自分の歌いたい曲を好きなように演出できることも、みんなができることじゃない。貴重な経験だなぁとおもう。率直に言って羨ましすぎる。グループでツアーがあって、ラジオやTVのお仕事も毎週のようにあって、小規模ベントや舞台もあって…今が一番楽しい時期だよね。なぜ今わたしはセクゾのファンじゃないのだろうか。非常に悔しい限りです(笑)健人くんと2人でボニバタ歌う岸君見てたら、並んで歌ってるこの2人の間にどれだけ高い壁があるんだろうと思って泣いた。

風麿くんのだけ見れてないから、来年もサマパラあったら行きたいなぁ。しかし夏は忙しいんだよねあっちもこっちも(笑)社会人には夏休みがあまりないので是非大人向けの19時公演やってほしい(笑)でもそうするとちびちゃんたちが出れないのか…そういえばうちの会社はプレミアムフライデーのプの字も出なかったな(悲)