らぶそんぐ

今日も元気にあいどるおたく!

亮ちゃんの声

関ジャムで奏のセッション。次週予告でチラっと流れた瞬間、高まりすぎて心臓がきゅってなった。大好きな奏を、大好きな亮ちゃんの声で聴ける日が来るなんて夢みたい!!

最近はほとんどテレビを見ないけど、久々に時計を気にしてテレビ前に待機。そんな日に限って普段しない運動なんかしちゃったもんだから、疲れて眠い目をこすりながらセッションコーナーが始まるのを待った。

「今回はほとんど下ハモだから、遠目で」

遠目とは…

本番直前の亮ちゃんも映してくれて、どうやら今回は亮ちゃんが一番難しい役割を任されたんだろうなぁって、まぁ今いちばんお仕事なさそうだもんね?(笑)

「結構難しいから外さないように頑張る」

相変わらずなコメント力、そんなところも好きだけど(笑)

大橋さんのソロから始まったセッション。相変わらずきれいな歌声。ついこの間Mステで披露した時は少しアレンジを加えていたけれど、今回はエイトとセッションということで以前と変わらない素直な歌い方。やっぱりこっちが好き。

そしてサビから重なる亮ちゃんの下ハモ。きれい。濁らない。主メロの大橋さんの声も大好きな曲の世界観もまったく邪魔しない、むしろ広げて深みを持たせてくれる。亮ちゃんの声は決して癖のない透明感のある声だとは思わないし、むしろ特徴のある声だと思うのに、なぜか相手の声に溶け込んで馴染む。自分を持ちながらも自分に固執しない、亮ちゃんの在り方みたいなものが、歌にも表れているのかなぁ、なんて。亮ちゃんのハモリは、相手の良さを引き立てるとおもう。

そして突然の上ハモ。低音より高音のほうが亮ちゃんみが強くなって、with亮ちゃん、だった世界が一瞬だけ亮ちゃんwithの世界になってときめく。ほんとにワンフレーズでおわっちゃって、もっと聴きたい…ってなる…ずるい。

Cメロっていうのかな?やす君のソロがあったから、次は亮ちゃんソロか?ってちょっと期待してたら、大橋さんも一緒で拍子抜け(笑)でも一緒にメロを歌ってもきれいで感動。亮ちゃんの声は私の大好きな大橋さんの声にも奏の世界観にもピッタリハマるんだ~って喜んでたら、不意打ち、ラスト1小節だけ音階が飛ぶハモリに。めっちゃ難しそうなのに、ハズさない、狂わない。亮ちゃんはプロだね。でも「難しいんだよココ~」ってお顔しちゃうあたり、なんて正直で可愛い人なんだろう…って愛しさこみ上げた(泣)亮ちゃんはほんとにキュートな人だ(泣)

声もキャラも個性の強いエイトのメインボーカルでありながら、どんな世界にも溶け込める亮ちゃんの柔らかさがとても好き。もちろん、もっとメインで聴きたい!!って思うときもたくさんあるけれど、足りないくらいが一番ハマるのかもしれない(笑)

とっても沼に陥る回でした。




来週の光一さんも楽しみ!セッションのSlaveMaker、見てみたらめちゃめちゃかっこよくて、バンドで亮ちゃんがサビ歌うとこ想像したら期待しかない!難しそうだからどこまでの完成度出せるかなぁってちょっぴり心配だけど、エイトさん頑張って超カッコよくキメてね!

関ジャムってほんとにありがたい番組だなぁ、改めて。

広告を非表示にする